上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年初投稿のスキルアップ科レッスン内容は、新年早々難しい内容でした。

その内容は…『原稿から情報を取り出し、フリートークにしつつ伝える』レッスン。


今までは普通に原稿を読み、情報を伝えるレッスンをしてきた生徒さん達。
今回はレベルアップし、書かれている情報を使い、リポーターやキャスター、
ラジオDJのように自分の言葉に混ぜて話すレッスンに初挑戦しました。

現地リポーター風に情報を伝える生徒さんもいれば、
0117_skillup10.jpg

ラジオDJ風に情報を伝える生徒さんもいました。
0117_skillup05.jpg

“確実な情報”と“自身の話す技術”を駆使して情報を伝える大変さと面白さを学びました。
それぞれ個性的に仕上がったようで、この満足そうな表情。
0117_skillup04.jpg

情報番組やラジオDJのお仕事をした際、このレッスンが活かせたらいいですね~!
スポンサーサイト
ご挨拶が遅くなってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます!
年始から天候が荒れに荒れ、インフルエンザが大流行、そして、早々に始まった16年採用。
2015年はいろんな事がフライングスタート気味にだなぁと、まだ始まって半月ほどですがそう感じています。


さて、そんな2015年のレッスンは1月8日(木)『局アナ受験木曜クラス』より開始しました。

実は『局アナ受験木曜クラス』『局アナ受験土曜クラス』『148期基礎科』の3クラスだけ、
“とあるペナルティ制度”を設けていたんです。それはこれ、
「12月限定 方言・アクセント・その他注意を受けたら1ペナルティ制度」。

普段からアクセントミスや声の小ささ、滑舌の甘さなど厳しく取り締まっているのですが、
12月はその取締りを強化。1注意=1ペナルティと換算し、
ペナルティの最も多かった生徒さんには1月のレッスンで“1発芸”を披露してもらうというものです。


そして、1月。
12月のペナルティ期間を終え、回数の多かった生徒さんによる発表。
あるクラスでは、今流行のようかい体操を踊ってくれたり、落語を披露してくれたりと様々でした。

そして、この148期では2人のペナルティ執行者がそれぞれトランプを使った手品と、


カクテルシェイカーを使ってアイスカフェオレを作ってくれました。
148_0116penalty03.jpg
手品もアイスカフェオレも見事成功し、二人はやっと緊張から解き放たれた様子でした。

何故、一発芸をペナルティにしたのか。
それは年始から本格的に始まったアナウンサー採用試験で、度々一芸やものまねなどを
面接官から振られることがあるんです。そこで即座に対応できるように対策をしたかったのですが…
これから色々やって行かなければいけないなと思いました。
(さしずめ、受付でくじ引きを引いて当たったらフリートーク時に一芸披露とか…ですかね)

最後になりましたが、、一発芸を披露してくれたみなさん、ありがとうございました!
これからもその一芸を磨いていってくださいね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。