上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHKアナウンススクールでは、定期的に“無料説明会”を行っています。
その中でも特に多い質問を、今回まとめてお答えしようと思います。入学前に是非一度ご確認ください♪

それでは早速、スタート!

その①:『基礎課程の勉強期間はどれぐらい?』
→基礎過程期間は、約半年間(5ヵ月)です。
その間に、腹式呼吸のやり方や発声発音練習といった“話す技術”の
基本中の基本から段階を踏んで学んでいきます。

基礎科の間は、CHK独自のテキスト「基礎教材」を使用します。
鼻濁音や無声化といった基礎部分は勿論、さらに応用編まで学びます。


その②:『基礎課程終了後の進路について』
→それぞれの上級クラスへ進学、または、基礎科修了式をもって卒業となります。

上級クラスとは…現在、『局アナ受験クラス』と『スキルアップ科』の2クラス。
『局アナ受験クラス』は、アナウンサー受験を目指す生徒さん(主に大学生)が多く在籍してます。
『スキルアップ科』は、基礎科を修了した生徒さんで、更に話す技術を磨きたい方が在籍しているクラスです。


その③:『数字がついている基礎科と局アナ基礎クラスの違い』
→数字がついた基礎科は、質問その①でお答えした通り、
半年間の基礎過程を修了した時点で卒業、または上級クラスへ進学していただくことになります。

局アナ基礎クラスは、
1年間を通じて基礎過程+アナウンサー受験に必要な基礎部分を学んでいただくクラスです。
時間は、毎週通う18時半~20時半。5月のGW明けから翌年の3月ごろまでの期間です。

そして、最も大きな違いは、参加者の年齢制限がハッキリしています。
基礎科は、高校生~50歳以上の方なら誰でも参加可能。
それに対して、局アナ基礎クラスは、大学1年生~2年生(※3年生は要相談)となっています。

さらに詳しく知りたい方は、無料説明会へご参加ください!
(電話やメールでの質問も受け付けています)


そして、現在【150期基礎科】と【局アナ基礎クラス】の生徒募集を行っています。

【150期基礎科】
開講日:3月6日(金) 毎週金曜日
時間:18時半~20時半
※締め切り日:3月5日(木)※
詳細URL→ http://www.chk-school.jp/kyoto/info_bosyu.html

【局アナ基礎クラス(火)】
開講日:5月12日(火) 毎週火曜日
時間:18時半~20時半

どちらのクラスとも
入学金30,000円、月々のお月謝13,000円が必要となります。
この春から新しい事を始めるのにぴったりなクラスです♪ 

この質問コーナーは今後も続けていこうと思いますので、何か聞きたいことなどがあれば
ご質問ください。お待ちしております。
スポンサーサイト
今年のアナウンサー採用試験は3月からと言われていましたが、
12月末から既にキー局・準キー局の採用が始まりましたね。
CHKアナウンススクールでも「やれ、ESだ!」「面接だ」と、生徒さんが忙しく動いています。

※単語説明※
キー局:日本の民間放送(民放)における系列(ネットワーク)の中心となる放送局。
→フジテレビ・テレビ朝日・TBS・日本テレビ・テレビ東京
準キー局:キー局に準ずる立場に在る放送局(ローカル局)。
→大阪と愛知(名古屋)にある放送局

試験が進んでいくと、実際のスタジオで『カメラテスト』を行うことになります。
試験課題の中で、面接官から「実況をしてください」と指示されることが年々多くなりました。
(特に、男性受験者は要注意です!)

その対策として、1月16日、23日、30日の3回で『野球実況特別講座』を開講しました。
講師にお招きしたのは、濱野 圭司先生。
競馬や野球(プロ、高校野球)、ラグビーにサッカーなど、スポーツ実況アナウンサーとして活躍されています。

hamanoT_15jikkyoukouza04.jpg
今回は野球実況の基礎から応用までをみっちり指導していただきました。

IMAG2294.jpg hamanoT_15jikkyoukouza03.jpg
野球のルールを知っているからといって、簡単に実況が出来るものではありません。
私がレッスンを見て感じたことは、この2点です。
「より分かりやすく、状況を的確に伝えられるか」と「試合の邪魔をせず、盛り上げられるか」
簡単なようでとても難しいこの2つのポイントを、3回という限られたレッスンの中で
徹底的に指導して頂いた生徒さん達の実況は、初回に比べて全く別物になっていました。
それこそ、声の出し方から違うように感じたぐらいです。

鍛え上げてくださった濱野先生、貴重なレッスンを本当にありがとうございました!
(次にお
会いできるのは野球のシーズンオフだろうか…)
hamanoT_15jikkyoukouza02.jpg
余談ですが…この日は濱野先生を尊敬して止まない山口朝日放送の浅野 航平アナウンサーが
休みを利用して遊びに来てくれました。会えてよかったですね、浅野アナウンサー^^♪
... 続きを読む
1月30日(金)、148期基礎科が無事基礎過程を修了しました。

クラス人数だけを見ると、最近の基礎科の中でも少ないのですが、
このクラスは参加者の個性がとってもとーっても豊か!
毎回楽しそうにレッスンを受講されていました。

参加者が少ないクラスのメリットは、その分先生から当てられる回数が増え、必然と話す率が上がる事。
デメリットは、欠席者が多いと“更に少人数制クラス”になってしまう事。

今回最終日も大学のテスト等と被って欠席者が多く、少ない人数でのレッスンとなりました。


まずは『敬語』について学びます。
普段何気なく使っている『敬語』ですが、実はちゃんとしたルールがあることをご存知ですか?
気になる方は是非、基礎科で勉強してください^^

148kiso_end15.jpg
恒例の敬語を使って実践練習。皆さん、苦戦していました。


『敬語』の論理やルールを学んだら、基礎過程修了です!
148kiso_end13.jpg 148kiso_end10.jpg 148kiso_end04.jpg

先生から『修了証書』を授与して頂き…

148kiso_end01.jpg
これにて、148期基礎科修了です。約半年間、皆さんお疲れ様でした~!
次のクラスでも個性的に、頑張ってくださいね^^
※欠席者の方には後日、スタッフが修了証書をお渡ししています※


***************************************
☆新クラス募集情報☆

○3月6日(金)開講 150期基礎科
※締め切りは3月5日(木)まで※
詳細→http://www.chk-school.jp/kyoto/info_bosyu.html

“150”というキリのいい数字がついた基礎科で、
夢や目標を叶えるために話し方の基礎を学んでみませんか?
***************************************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。